かんたんにMacOSの確保されたメモリを解放する方法


MacOSではソフトを終了してもメモリが解放されない場合があります。

そんなとき、全てのメモリ領域を解放出来る訳ではないですが、かんたんに解放する方法があるのでメモしておきます

  1. ターミナルを起動
  2. purge と入力してリターンキーを押す
  3. 数秒でメモリが解放される

こちらが解放後のスクリーンショットです。上のスクリーンショットよりも空きメモリが増えていますよね。

ちなみにメモリの空き容量はアクティビティモニタから確認出来ます。

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*