バンコクのフアラムポーン駅からドンムアン空港へ国鉄で行ってみた

Pocket

バンコク市内からLCC(格安航空会社)の飛行機に乗るため、ドンムアン空港へ向かった際の模様です。

スタート地点はバンコクの西側にあるフアラムポーン駅です。

大きな地図で見る

まずは駅のコンコースにある券売窓口で切符を買います。
運賃は5バーツでした。日本円で約15円程度です。

IMG_6971
フアラムポーン駅のコンコースに肖像がありました。

IMG_6972
美しいアーチです。

IMG_6973
巨大なアーチの中にホームもあります。

IMG_6974
ホームはかなり長いです。どの電車に乗るという案内が全然わからなかったので、駅員に確認したところすぐに教えてくれました。
 
IMG_6976
今回はこの車両に乗車します。
エアコンはありませんでした。みんな汗だくです。

IMG_6977
エアコンがないので開いている窓やドアから入ってくる風が救いです。

IMG_6978
ホーム側のドアが開いているのはわかるのですが、停車時はホームとは反対側のドアも開きっぱなしです。

IMG_6979
夕暮れ時だったので、きれいな夕日を見ることができました。

IMG_6980

IMG_6981

IMG_6982
操車場区間を抜けていきます。

IMG_6983
なぜか発車してもドアが閉まりません。

IMG_6984

IMG_6985

IMG_6986

IMG_6987

IMG_6989
市場や立て込んだ住居街の中に線路が通っています。

IMG_6990
いきなり、駅のない場所で停車します。乗り降りがあるのですが、地図には駅として載っていません。

IMG_6994
特に線路と街を区切る物もなく、人々が線路内を歩いています。

IMG_6992
建物と車両が至近距離です。

IMG_6993
パラボラアンテナがたくさん立っていました。

IMG_6995
相変わらずドアは開きっぱなしで走行します。

IMG_6996

IMG_6997

IMG_6998
また、地図に載っていない駅ですが、コンクリートでホームぽく仕上げてあり、駅として機能しているようです。このような地図に載っていない駅がいくつもありました。
後で調べてみたところ、停車場と呼ばれているところのようです。

IMG_6999

IMG_7000
車内の様子です。写ってはいませんが仕事や学校帰りと思われる人がたくさん乗車しており、すし詰め状態でした。

空港施設っぽい建物が見えてきてそろそろ空港か?と思っても、また地図に載っていない駅だった。ということが数度あり、挙動不審になっていると目の前の人が、「まだドンムアンエアポートじゃないよ」と身振り手振りで教えてくれました。

IMG_7001

ようやく、ドンムアン空港駅に到着。他にも空港を利用する外国人が降車するので、何となくわかります。

IMG_7002
駅には売店や屋台の食堂があり、ミネラルウォーターやお菓子を買ったり、食事ができます。

IMG_7005
駅は幹線道路沿いにあります。歩いて7,8分程度でコンビ二などもあります。

IMG_0194
駅と空港は連絡通路でつながっているのですぐに移動できます。

帰りは鉄道ではなくバスを使いました。
正直、バスの方が簡単かつ早く移動できた気がしますが、独特の雰囲気を味わうには鉄道を使うのも良いかもしれません。

atnr.net の RSS登録はこちらから