ExcelのVBAでファイルオープン時に処理を実行する方法


参考例としてSheet1に設定した関数を実行してみます。

Macの場合マクロの編集画面は ツール > マクロ > Visual Basic Editor から表示できます。

Sheet1に以下のようなプロシージャ(関数)を定義します。
他のスクリプトから読み込めるようにPublicにしておきます。

Public Sub Test()
    MsgBox "Test Box"
End Sub

実行すると以下のようなメッセージボックスが表示されます。

ThisWorkbookに以下のようにWorkbook_Open()の中でCallを使ってシート.プロシージャ(関数)名で記述すると呼び出せます。

Private Sub Workbook_Open()
    Call Sheet1.Test
End Sub

起動時に自動実行されますが、セキュリティ設定によっては以下の警告が表示されます。
マクロ実行の警告

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*