Elektron DigitaktのCONDITIONを設定する方法

2017.7.5追記 : Elektron公式の日本語マニュアルが公開されました。

ElektronのDigitaktを早速買ってしまったのですが、FILLモードの時にだけ音を鳴らす、鳴らさないなどの条件を設定できるCONDITIONというパラメータのセッティングにちょっとつまづいたのでやり方をメモしておきます。

Digitakt Condition

続きを読む

MOTU 828mk3でADATの入力をCueMix FXから操作する方法

RME BabyfaceのADAT出力からMOTU 828mk3のOptical Inputに接続した際にMOTU 828mk3でADATからの入力ボリュームをCueMix FXから操作しようと思ったのですが、フェーダーが表示されていなかったので設定する方法を調べてみました。
続きを読む

KORG monologueのオシロスコープで外部入力の波形を確認する方法

KORGのmonologueにはオシロスコープが付いています。このオシロスコープでmonologueで鳴らしている音の波形が確認できるのですが、monologueのAUDIO IN(オーディオ入力)に入力された音の波形も確認できます。

続きを読む

MacでRME BabyfaceのMIDIポートが通常モードで見つからない時の対処法

Babyface
CCモードではすぐにMIDIポートが検出されるのですが、CCモードだとTotalMixが使えなくなってしまい不便なので、CCモードではなく通常モードでBabyfaceのMIDIポートを使いたいと思い、色々と試してみました。

マニュアルにはMIDIポートを認識しない場合は、Audio MIDI設定で検出してみて、というようなことが書いてあるのですが、自分の環境では検出されなかったので、他にも試してみました。

以下、試してみたことを羅列します。
続きを読む

MOTU Ultraliteの48VとPadスイッチの位置とステータス

MOTU Ultraliteシリーズにはオーディオインップットの1chと2chにファンタム電源機能とPadのスイッチが付いています。
トグルスイッチで切り替えるのですが、スイッチがどの状態の時にどういう効果があるのかが筐体に書かれていないので、ここにメモしておきます。

48Vスイッチ

上:オン
下:オフ

Padスイッチ

上:-36db
中:-18db
下:オフ

ファンタム電源が必要なコンデンサマイクを使うときは48Vスイッチを上に押し上げて使いましょう。
入力が大きすぎる時は、Padスイッチを、中か上にします。

Ableton Live上でKORG nanoKONTROL2をCCモードでMIDIマッピングする方法

KORGのMIDIコントローラnanoKONTROL2をCCモードにしてAbleton Liveで使う際、上手くいかなかったので、動かす方法を調べてみました。

まずは、nanoKONTROL2のCYCLEとSETを押したままUSBを接続してCCモードにしてnanoKONTROL2に電源を入れます。

このままでも、MIDI信号は受信していますが、MIDIマッピングはできません。
MIDI信号はきている
続きを読む

NATIVE INSTRUMENTSのKOMPLETE 9 やTRAKTORが半額

xxl

NATIVE INSTRUMENTS社がTHANKSGIVING XXLということで半額セールを開催しています。

KOMPLETE 9はアップグレード、アップデート、クロスグレードが50%オフ、TRAKTOR PRO 2も50%オフで3,900円でした。

期間は2013年12月9日までだそうです。

http://www.native-instruments.com/jp/

思わず、KOMPLETE 9のアップデート版とTRAKTOR PRO 2を購入してしまいました。

Thunderbolt FireWire800変換アダプタを使ってMOTU UltraLiteを動かす

Thunderbolt-fireWireアダプタ

AppleのThunderbolt FireWire 800の変換アダプタを使って、MacBookAir(2012)でMOTUのFireWireオーディオインターフェースUltraLiteを使ってみました。

続きを読む

バリ島ウブドの楽器屋 Moariへ行ってきました

IMG_7497

ウブドの中心街、王宮から徒歩5分程度のところにある楽器屋、Moari(モアリ)へ行ってきました。

続きを読む

パリの電子楽器屋へ行ってきました

10月にパリに行って来たので、せっかくならユーロ安だしヨーロッパの楽器でも買ってこようと言うことで
パリ市街にある楽器屋を回ってきました。

まずネットで検索して、色々、取りそろえていそうなModular Squareに突撃したのですが、なんとここは卸業者で、直接楽器を試奏するには事前申し込みが必要だと言うことでした。
取り扱い商品はWebに掲載されているので、来る2〜3日前に連絡してほしいとのこと。

Modular Squareの卸先の楽器屋がピガール(Pigalle)駅付近にあるというので、そこに行くことにしました。
ピガールは東京で言うと歌舞伎町とかそんな感じの歓楽街なのですが、お茶の水のような楽器街でもあるのです。

続きを読む