iOSシミュレータのロックとアンロックのショートカットキー

XcodeについてくるiOSシミュレータのロックとアンロック(ホーム画面の表示)するショートカットキーをメモしておきます。
iPhone iPadも同じコマンドで操作できます。

ロック

command + L

アンロック

command + shift + H

メニューバーのHardwareの項目にあるので、こちらをクリックしてもOKです。

Raspberry PI 3 をMacのターミナルからSSHで動かす

Raspberry PI 3を導入した際にRaspberry PI用のキーボードやマウスがなかったため、MacのターミナルからSSHを経由して設定することにしました。公式フォーラムの情報をもとに試してみました。
続きを読む

Raspberry PI 3 でApple Wireless Keyboard・Trackpad・Magic Mouseを認識させる

Raspberry PI 3(ラズベリーパイ3)でAppleのWireless KeyboardやTrackpad、Magicmouseを認識させる方法です。しかし、Raspberry PI 3とAppleのBluetoothキーボード、マウス、トラックパッドの相性が良くなかったのでアンチパターンとして載せておきます。
続きを読む

【Mac】Python 3.6.0 で Matplotlib が動かない時にチェックした点

HomebrewでMacにPython 3.6.0を入れて以下のコードでMatplotlibを読み込もうとしたところ

import matplotlib.pyplot as pet

以下のようなエラーが出ました。ちなみに依存しているライブラリは全部インストール済みの状態です。
Traceback (most recent call last):
File "", line 1, in
File "/Users/(ユーザー名)/.pyenv/versions/3.6.0/lib/python3.6/site-packages/matplotlib/pyplot.py", line 115, in
_backend_mod, new_figure_manager, draw_if_interactive, _show = pylab_setup()
File "/Users/(ユーザー名)/.pyenv/versions/3.6.0/lib/python3.6/site-packages/matplotlib/backends/__init__.py", line 32, in pylab_setup
globals(),locals(),[backend_name],0)
File "/Users/(ユーザー名)/.pyenv/versions/3.6.0/lib/python3.6/site-packages/matplotlib/backends/backend_macosx.py", line 19, in
from matplotlib.backends import _macosx
RuntimeError: Python is not installed as a framework. The Mac OS X backend will not be able to function correctly if Python is not installed as a framework. See the Python documentation for more information on installing Python as a framework on Mac OS X. Please either reinstall Python as a framework, or try one of the other backends. If you are using (Ana)Conda please install python.app and replace the use of 'python' with 'pythonw'. See 'Working with Matplotlib on OSX' in the Matplotlib FAQ for more information.

バックエンドの設定に問題があるということで、以下のコマンドでmatplotlibのバックエンド設定が書かれたファイルのパスを調べ

$python -c "import matplotlib;print(matplotlib.matplotlib_fname())"

エディタで該当箇所を編集しました。macosxとなっているところをコメントアウトまたは削除してTkaggを指定します。

#backend : macosx
backend : Tkagg #←これに書き換える

これで以下のようなグラフを出力できるようになりました。

Macで2TBのHDD/SSDをTimeMachine + Thunderbolt + RAID1でバックアップする

WD HDD ポータブルハードディスク 4TB My Passport Pro for Mac WDBRNB0040DBK-JESN Thunderbolt/RAID0,1/タイムマシン/3年保証
2TBのハードディスクをRAID1(二重化)でバックアップするには同じ容量=2TBのハードディスクが2つ必要です。
また、高速なデータ転送をしようと思うとThunderbolt接続できた方がいいなということになってきます。
続きを読む

Mac OS Xの写真アプリ(Photos)でRAWファイルを書き出す方法

Mac OS Xの写真管理アプリ「写真」(Photos)でRAWファイルをデスクトップへコピーしようとするとJPEGファイルしかできなかったので、RAWファイルをコピーする方法を調べてみました。
Photos
続きを読む

【Mac】Xcode付属のファイル比較ソフトFileMerge

Macでファイルの差分を調べるソフトFileMergeを紹介します。Xcodeをインストールしていれば誰でも使うことができます。
HTMLやCSSなどのテキストデータの差分を比較するのに便利です。

FileMerge
続きを読む

Duet DisplayをiPad mini Retina で使ってみた

Duet DisplayというiOSデバイスをDock/Lightningケーブル経由でMacの外部ディスプレイにするアプリを試してみました。

http://www.duetdisplay.com

インストール/使用手順

  1. App StoreからDuet Displayをインストール(1,000円 2014年12月19日現在)
  2. Macにドライバをインストール。リンクをクリックすると自動的にドライバがダウンロードされます。
  3. Macを再起動。
  4. Duet Displayを起動したiOSデバイスをMacに接続

Duet Display起動から出力まで

iPad mini Retina でDuet Displayを起動。
Connect To Mac
続きを読む

Macで.epubファイルの中身を確認する方法

.epubファイルは基本的にはZipファイルです。
そのため、拡張子を.zipに変えて解凍してやれば中身を確認することができます。

Macのアーカイブユーティリティーで解凍すると、.cpgzなどの拡張子書き換わってループして、いつまでも解凍できないことがあります。

その場合は、Unarchiverなどのほかの解凍ソフトで試してみると良いでしょう。

以下のように内容を確認することができます。

epubの中身を確認する

QuickTimeの画面収録で保存した.movがPremiere CS6で正しく再生できない場合

QuickTime_Player
YosemiteのQuickTime Player(バージョン 10.4 (833))の画面収録でセカンドディスプレイをフルスクリーンキャプチャーして保存したのですが、その動画をAdobe Premiere CS6に取り込むと最初の数秒だけ再生され、あとは同じコマのままになってしまうという現象が起きてしまいました。

試行錯誤した結果、以下の方法をとることでPremiereでも編集できるようになりました。

解決法

QuickTime Playerの編集機能でトリムなどの編集をした後1080iで書き出す。

これだけです。
QuickTime側で、一旦手を加えて書き出すと、Premiereでも問題なく動画が再生編集されるようになります。