MOTU 828mk3でADATの入力をCueMix FXから操作する方法


RME BabyfaceのADAT出力からMOTU 828mk3のOptical Inputに接続した際にMOTU 828mk3でADATからの入力ボリュームをCueMix FXから操作しようと思ったのですが、フェーダーが表示されていなかったので設定する方法を調べてみました。

MOTU Audio SetupでOptical Input Bankの項目でADATを選択します。手順としては以上です。サンプルレートが96KHzの時は一つのADATで4チャンネル入力できます。デフォルトではDisabledになっているので入力されません。また、コンピューターと繋がっていない場合は828mk3の本体から設定もできます。
MOTU Audio Setup
BankのA・B両方を使うとサンプルレート96KHzの場合最大8チャンネル入力が可能です。

MOTU Audio SetupでのADATの設定が終わると、CueMix FXのINPUTS とMIXESの項目にADAT1-2とADAT3-4が表示されるようになります。
ADAT INPUT on CueMix FX

atnr.net の RSS登録はこちらから