Mac OS X(Sierra)にPHP7.2.2をインストールする方法


Apacheを止める

ターミナルから今動いているApacheを終了させる

sudo apacehctl stop

PHPのインストール

以下のコマンドを実行。コマンド末尾に –with-httpdを忘れずにつけます。 これでApacheも同時にインストールされ、PHP7のライブラリファイルがビルドされます。
brewが入ってない場合はあらかじめインストールしておきます。

 brew install homebrew/php/php72 --with-httpd

~/.bashrc に以下のパスを追記(vi ~/.bashrc または atom~/.bashrc などで編集)

export PATH="$(brew --prefix homebrew/php/php72)/bin:$PATH"

PHPバージョンの確認

ターミナルで以下のコマンドを入力します。

php --version

Apacheの設定

/usr/local/etc/httpd.confを編集します。
ファイル内の以下のコメントアウト(#)を取ります。なければ追加してください。

LoadModule rewrite_module lib/httpd/modules/mod_rewrite.so
LoadModule php7_module /usr/local/Cellar/php72/7.2.2_13/libexec/apache2/libphp7.so

mod_rewrite.soが有効になっていないと、ローカルにインストールしたWordPressがトップページしか表示されなくなってしまいます。
またlibphp7.soが有効になっていないとPHP7が動かず、PHPを読み込んだ際にソースがそのまま表示されます。

VirtualHostの設定を行う

/usr/local/etc/extra/httpd-vhosts.confを編集します。

<VirtualHost *:80>
 DocumentRoot "/Users/Macのユーザー名/Sites"
 ServerName localhost
<Directory "/Users/Macのユーザー名/Sites">
Options Indexes FollowSymLinks Multiviews
Require all granted
order deny,allow
allow from All
AddHandler cgi-script .rb
Options +ExecCGI
DirectoryIndex index.html index.php index.rb index.cgi
</Directory>
</VirtualHost>

設定ファイルの編集が終わったらApacheを再起動します。

sudo apachectl restart

動作確認

自分のMacの/Users/Macのユーザー名/Sitesにindex.phpを置いて、以下の内容を書き込みます。

<?php phpinfo(); ?>

ブラウザでlocalhostを表示させて、phpの情報が出てくれば成功です。

ポイント

Macに最初から入っているPHPやApacheは諦めてbrewで新しく入れた方が楽でした。Mac標準のApacheの設定ファイルを延々と書き換えて、設定が適用されないなーとハマってしました。

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*