モジュラーシンセサイザーのアウトプットの電圧を測るためのアダプターを作る


電圧を計測できるテスターは持っていても、その先端(テスターリード・テストリード)をそのままモジュラーシンセサイザーのアウトプットにつなげるのはなかなか難しいです。
というわけで、かんたんにテスターでモジュラーシンセのアウトプットの電圧を測るためのアダプターをつくってみました。

アダプタ

用意するもの

  • 3.5mmモノジャック 1つ
  • ワニ口クリップ(赤1つ・黒1つ)
  • リード線(赤1本・黒1本)
  • はんだごて
  • はんだ
  • テスター

※テスターによっては、テストリードの形状が違うので形状に合わせてワニ口クリップやバナナクリップを使用してください。

作り方

まず、ワニ口クリップにリード線を半田付けします。
adaptor_step1

赤・黒両方を半田付けします。
adaptor_step2

3.5mmジャックに赤、黒のリードを半田付けします。
adaptor_step3

これで完成です。
アダプタ

半田したところが気になるのでチューブやテープで保護するのも良いでしょう。

動作確認

SANWA PM3
今回接続するテスター(SANWA PM3)。

接続
テストリードにワニ口クリップを接続します。

計測
無事にモジュールから出力された電圧を計測できました!

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*