【WordPress】WPMLでテンプレート内で翻訳する文字列を設定する方法


WordPressのテンプレート内でWPMLを使って翻訳する方法を説明します。

WordPressテンプレートへの翻訳文字列部分の組み込み方

以下のようにしてテンプレートに組み込みます。

<?php _e("文字列","テンプレート名") ;?>
  1. 文字列の部分に翻訳したいテキストを入力します。
  2. テンプレート名の部分にWPMLに対応させたいテンプレート名を入力します。
<?php _e("Hello","Template") ;?>

上記のようにすると、デフォルトではHelloという文字列が表示されます。
また、WPMLでその文字列を多言語翻訳することができるようになります。

WPMLで実際に文字列を翻訳する方法

実際に翻訳する文字列を編集するには管理画面のWPMLの項目にあるテーマととプラグインローカライゼーションへ移動します。

テーマ内のストリングというコーナーにローカライズ可能なテンプレートが表示されます。

テーマ一覧

テーマが表示されない場合は
ストリング用のテーマをスキャンする

のボタンをクリックします。

テーマの一覧から翻訳が必要なストリングスを見るをクリックすれば翻訳できる文字列の一覧が表示されます。

翻訳できる文字列

一覧にある翻訳の文字をクリックすると翻訳する文字列を入力できます。

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*