KindleでリジェクトされたEPUBファイルのチェックすべき点


KDPにEPUBをアップロードしたにもかかわらず、本のデータがうまく更新できない事象が発生し、その原因をKDPに問い合わせたところ、.opfファイルに誤りがあるためデータがうまく更新できないという旨の連絡を受けてデータを修正することになりました。
その際のチェックポイントをメモしておきます。

そもそも今回制作したepubは紙の本で出版される予定もあったため、先行して制作されたIndesignファイルから書き出したepubファイルをベースにそれをSigilで修正する形でデータを作成していきました。

Indesignから書き出しされたEPUBファイルの.opfファイルには言語設定が日本語以外にも英語など複数にわたっていたため、日本語(=ja)だけに絞りました。

なぜか、Kindle Previewerでazkに変換できない

KDPが提供しているKindle Previewerという.mobiファイル変換ソフトがあります。Kindle Previewerでは一応iOSやMacのKindleで読み込めるazkファイルに変換する機能が付いているのですが、私の環境では一度もazkファイルを書き出すことはできませんでした。おかげでKindleストアでリリースするまでiOS版での実機確認ができませんでした。

リリースできたEPUBのXMLのヘッダ

抜粋しています。xmlタグやpackageタグなどはあらかじめ設定してください。

<dc:title>本のタイトル</dc:title>
<dc:creator id="creator">著者名</dc:creator>
<meta id="role" property="role" refines="#creator" scheme="marc:relators">aut</meta>
<dc:publisher>Passione</dc:publisher>
<dc:language>ja</dc:language>
<dc:identifier id="booked">urn:uuid:ユニークIDが入ります</dc:identifier>
<meta property="dcterms:modified">2016-07-02T12:02:11Z</meta>
<meta content="0.9.5" name="Sigil version"/>
<meta name="cover" content="Cover_188_128fin_out"/>
atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*