Mac OS X 10.10 YosemiteでApache+PHPの動作環境を設定する方法


Mac OS Xに最初から入っているApacheとPHPを使える状態にする方法です。

/etc/apache2/httpd.conf の編集

このファイルでは#が付いているのがコメント行になっています。
phpを有効にするため以下の3行のコメントを外します。

LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so
Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf の編集

# Settings for user home directories
#
# Required module: mod_authz_core, mod_authz_host, mod_userdir

#
# UserDir: The name of the directory that is appended onto a user's home
# directory if a ~user request is received. Note that you must also set
# the default access control for these directories, as in the example below.
#
UserDir enabled
UserDir Sites

#
# Control access to UserDir directories. The following is an example
# for a site where these directories are restricted to read-only.
#
Include /private/etc/apache2/users/*.conf
<IfModule bonjour_module>
 RegisterUserSite customized-users
</IfModule>

/etc/apache2/users/自分のユーザーID.conf の編集

普段ログインしているID名をファイル名に.confファイルを作成します。
ファイルの内容は以下の通りです。自分のユーザーIDのところにIDを入れてください。

<Directory "/Users/自分のユーザーID/Sites/">
DirectoryIndex index.html index.php
AllowOverride All
Options Indexes MultiViews
Options +FollowSymLinks
Require all granted
</Directory>

ホームフォルダにSitesというフォルダを作る

自分のホームフォルダにSitesという名前のフォルダを作ります。

Apacheの再起動

ターミナルで以下のコマンドを入力しapacheを再起動します。

sudo apachectl restart

パスワードの入力を求められるので入力します。

確認

先ほど作成したSitesフォルダにindex.phpというファイルをつくります。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
 <meta charset="UTF-8">
 <title></title>
</head>
<body>
<?php
 phpinfo();
?>
</body>
</html>

index.phpに上記PHPコードをコピー&ペーストして保存します。

次に、ブラウザでURL欄にhttp://localhost/~自分のユーザーIDと入力します。
URL欄

PHPの情報が表示されればOKです。
phpinfo

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*