openFrameworksとMacBook Pro Retinaでセカンドディスプレイをフルスクリーンにできない現象について


MacBook Pro RetinaでHigh Resolution CapableをYESにしていると、セカンドディスプレイ(外部プロジェクター)でうまくフルスクリーンにできませんでした。

中途半端なところにフルスクリーンウィンドウが表示されてしまいセカンドディスプレイ一杯に表示されません。

最大化ボタンをクリックするとフルスクリーンになるのですが、MacBook側で操作ができなくなってしまうので使えません。

Retinaディスプレイの解像度の問題ではないかと推測して、High Resolution CapableをNOにしたところ、きちんとセカンドディスプレイでフルスクリーンにすることができました。

設定方法

High Resolution Capableの設定はopenFrameworks-Info.plistで行います。
plist

YESに設定するとRetina ディスプレイでの表示に最適化されるのですが、セカンドディスプレイでフルスクリーンにできないのでNOにしました。
Capable設定

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*