Toru Urakawaの音楽


今日はDenryoku Labelの新進ミュージシャンToru Urakawaのライブを観てきた。
観てきたというよりも、がんがん撮影していたという方が正しいのかもしれないけど。
彼はElectribe 1台でライブをする。
今日はちょっと昔のテクノをコンセプトにライブをするとのこと。
音が出始めた。
若干、音量の小ささを感じたもののいつものグルーヴが鳴り始めた。
1/16の拍が生み出すリズムは人々の興味を引いたようだ。
Electribe 1台でライブが出ているからすごい。という単純な理由で
彼の音楽が褒められるのかといえば半分正解で半分は違う理由だと思う。
でも、自分がどう思うかというのはさして問題ではない。
最初座っていたお客さんが、1,2人立ち上がって踊りだし、
35分後にライブが終わった瞬間、大歓声が上がった。
というのが彼のライブの全てである。
彼はピアノやギターの代わりにKorgの箱を持っている。

  • 2007年12月14日
  • Blog
atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*