Monome gridのノイズを取り除く方法

Pocket

以前の記事の続きです。Monomeのgridにはモデルによって、LEDの発光数が多くなるとノイズが乗る問題があります。それを解決するための工程を説明します。やり方はフォーラムに掲載されたものに基づいています。

交換用のコンデンサ(キャパシタ)を用意する

フォーラムで勧められている型(T491A106K010AT,T491A475K016AT)が店舗でかんたんに手に入りそうにない感じだったので、マルツで注文しました。私は電子工作に明るくないのでフォーラムで勧められているものを用意しましたが同等スペックのものであれば他のメーカーのものでも良いそうです。

gridの筐体を開ける


裏面にして2カ所のネジを外します。


六角のドライバーが必要です。ピッチがシビアです。1/16インチだそうです。私はたくさんビットが付属しているドライバーセットの中にちょうどいいのがあったのでそれを使いました。

古いコンデンサを外す

下図赤枠の部分が交換対象のコンデンサです。C11 : 10uF とC6: 4.7uFを交換します。

半田吸い取り線で軽く半田を取り除いてから、ニッパーで該当するコンデンサを引っ張りながらさらに半田ごてを当てると取れました。

外したコンデンサです。小さいです。

新しいコンデンサをつける

あらかじめ、チップコンデンサに半田をごく微量乗せて溶かしてくっつけてから、ニッパーでチップコンデンサを掴みながら、該当部に半田付けしました。チップの+-の間隔が狭いので半田が繋がらないように注意しましょう。

新しいコンデンサを取り付けると以下のような感じになります。

通電すれば完成

筐体にもとどおり蓋をして、動作に問題がなければ完了です。ノイズも完全になくなったわけではありませんが、気にならない程度に軽減しました。
Monome

atnr.net の RSS登録はこちらから