React Nativeで立ち上がるiOS シミュレーターのOSバージョンを明示的に指定する方法

React Nativeでyarn iosを実行した際に立ち上がるOSのバージョンを指定する方法です。

package.jsonのscriptsにある”ios”の項目に–simulatorオプションをつけ希望のiOSデバイスとOSバージョンを追加します。

"ios": "react-native run-ios --simulator=\"iPhone 11 (14.0)\"",

Xcodeのシミュレータ選択欄と同じように記述します

iOS 14でgl-react-nativeでエラーが出る対策

gl-react-nativeがiOS 14で以下のエラーを出して動かなくなった件に対する対応方法です。

 const supportsWebGL2 = parseFloat(glesVersion.split(/[^\d.]+/g).join(' ')) >= 3.0; 
"expo-gl": "8.4.0",
"expo-gl-cpp": "8.4.0",

yarn.lock中のexpo-glとexpo-gl-cppのバージョンを8.0.0から8.4.0にすることで解決しました。expoのissueをヒントにしました。

React Nativeでスプラッシュ画面でカスタムフォントが適用されない問題

別途用意したフリーフォントをスプラッシュ(起動画面)で使いたかったが、起動時はそもそもフォントがロードされていない状態なので使えないようです。

そのため対策としては、

  • スプラッシュ画像に文字を埋め込む
  • 標準フォントを使う

が必要になってきます。


起動後はもちろん使える

Info.plistに追加後 RNのコンポーネント内で

fontFamily: 'RopaSans-Italic'

のようにスタイルで指定すればOKです。

React Nativeで絶対パス指定がうまくいってないないと実機で動作しなくなる現象に対する対策

絶対パス設定がうまくいっていないと実機で立ち上がらなくなります

Error: Unable to resolve module `components/ImageViewer` from `src/App.tsx`: components/ImageViewer could not be found within the project.

iOSデバイス実機でのエラー

上記のようなエラーが発生して main.jsbundleがビルドされなくなります。

以下の設定でクリアできました。

"baseUrl": "./"

またbabel.configでaliasを設定すると解決しました。

module.exports = {
  presets: ['module:metro-react-native-babel-preset'],
  plugins: [
    [
      'module-resolver',
      {
        extensions: ['.js', '.jsx', '.ts', '.tsx', '.android.js', '.android.tsx', '.ios.js', '.ios.tsx'],
        root: ['./'],
        alias: {
          src: './src',
        },
      },
    ],
  ],
};

上記設置を適用することで 以下のようにsrcからimportできるようになります。

import { ColorButton } from 'src/components/ControlPanel/UI/ColorButton';