Emotionでエラーが出る場合に確認すべき点

CSS-in-JSのライブラリEmotionでエラーが出る場合に確認すべき点をメモしておきます

冒頭のコメントがない

/** @jsx jsx */ を忘れていませんか?

jsxコンポーネントの明示的配置

creat-react-appでEmotionとTypeScriptを後から導入した場合にエラー( jsx is not defined )が出る場合があります。

jsx; を各種importの下に追加して明示的に配置することで解決する場合があります。

詳細はこちらの記事にも書いています

React + Emotion + TypeScriptでReferenceError: jsx is not definedのエラーが出る場合の対策

create-react-appで作ったReactのプロジェクトにCSS-in-JSのライブラリEmotionTypeScriptを導入した際にエラーが出る場合の対策方法です。

続きを読む

Reactで画像を表示する方法

Reactで画像を表示する方法をメモしておきます。
まず、使いたい画像の画像のパスを指定してimportして {モジュール名}を使ってimportした名前で呼び出します。具体的には以下のような形です。

import Icon from './images/icon.svg'
const IconComponent = () =>{
  return <img src={Icon}  alt="アイコン" />
}
export default IconComponent

SVGがうまく表示されない場合、SVGファイルをテキストエディタで開いてimg/pngになっている部分をimage/pngにすると表示されます。

【Visual Studio Code】コードフォーマッタ Prettierを使う方法

Pretterで何ができるか?

コードのインデントや改行、セミコロンの有無などのフォーマットをファイル保存時に自動で行います。問題があるコードではエラー表示をしてくれます。

エラー時の表示
続きを読む

COSMIC JS入門 始め方とデプロイまで

COSMIC JSはCMSサービスを提供しています。
管理画面よりコンテンツを追加でき、APIリクエストで得たJSONを元に自分の好みのフレームワーク(React,Vue,Gatsbyなど…)でその内容を表示できます。またホスティングサービスも提供しています。デプロイ機能を使ってGitHubのリポジトリから開発したウェブサイト・アプリケーションをCOSMIC JSやNetlifyなどのホスティングサービスへ向けデプロイ可能です。

この記事ではCOSMIC JSの導入について説明していきます。

COSMIC JS
続きを読む

PrismでReact(jsx)のコードの HTMLタグが消える際の対策方法

シンタックスハイライターのPrismを使っているのですが、Reactのコードを掲載するときにコンポーネント内のHTMLタグが残っていると消えてしまいます。

対策方法

&lt;と&gt;でタグの<と>を置換すると正しく表示されます。

Prismでjsxを選択したときにHTMLタグが表示されない

サンプルコード

CodePenでご覧ください。

Reactでfont awesomeを使う

Font AwesomeというアイコンのフォントセットをReactで使うための方法を紹介します。
react-fontawesomeというnpmパッケージを使用します。

インストール方法

yarn add @fortawesome/react-fontawesome @fortawesome/fontawesome-svg-core @fortawesome/free-solid-svg-icons

使い方

まずApp.jsの中で必要なライブラリをimportします。
free-brands-svg-iconsは有名な会社のアイコンのセットで”apple”や “microsoft”や “google”などと表示することでそのアイコンを表示できます。
free-solid-svg-iconsにはUIに使うアイコン一式が入っています。

import { library } from '@fortawesome/fontawesome-svg-core'
import { fab } from '@fortawesome/free-brands-svg-icons'
import { faCheckSquare, faCoffee } from '@fortawesome/free-solid-svg-icons

library.add(fab, faCheckSquare, faCoffee)//あらかじめ使用するアイコンを追加しておく

そして、実際にアイコンを表示するコンポーネントでは以下のようにアイコンを呼び出します。

import React from 'react'
import { FontAwesomeIcon } from '@fortawesome/react-fontawesome'
 
const Icons = () => (
<div>
  チェック:<FontAwesomeIcon icon="check-square" />
  コーヒー:<FontAwesomeIcon icon="coffee" />
  Apple:<FontAwesomeIcon icon={['fab', 'apple']} />
  Microsoft:<FontAwesomeIcon icon={['fab', 'microsoft']} />
  Google:<FontAwesomeIcon icon={['fab', 'google']} />
</div>
)
export default Icons

実行すると以下のようになります。(上記ソースのままだと横並びになります。)

font awesome
実行結果(スタイリング済)

動作プログラムサンプル

CodeSandBoxを使用した動作サンプルはこちらです。

Gatsbyで作ったサイトをGoogle Search Consoleに登録する

サイトをGoogle Search Console(サーチコンソール)に登録する場合、適切なGoogle Analyticsタグが入っていればすぐに登録できます。しかし、Gatsbyで制作したサイトにgatsby-plugin-google-analyticsでGoogle Analyticsのタグを入れている場合うまく登録できませんでした。

今回はGoogle Analyticsのタグを使わずにSearch Consoleに登録する方法を試してみました。

続きを読む

gatsby-plugin-sitemapを使う

Gatsby.jsでサイトマップを作成するプラグインgatsby-plugin-sitemapの設定方法です。

続きを読む