JavaScriptのmap()で直前のアイテムを参照したい場合

JSのmap関数で今参照しているアイテムの直前のアイテムを参照したい場合についてです。

array.map((item,index,array)=>{
    ...
})

map関数で第3引数にオリジナルの配列を渡せるのでそれを使って参照すればOKです。

const array = ['test','code','hoge'];

array.map((item,index,array)=>{
  return index>0 ? console.log(item,array[index-1]) : console.log(item);
})

上の例を実行すると

"test"
"code" "test"
"hoge" "code"

と出力されます。

codepenでの実行例はこちらです。

NetlifyでNodeJSの環境変数を設定する方法

NetlifyのBuild&DeployからEnviromentの項目で変数を設定できます。NODE_ENVなどを設定して本番と開発環境を分けるのに便利です。

ReactでFontAwesomeのフォントを重ねる方法

      <span className='fa-layers fa-fw'>
        <FontAwesomeIcon icon='circle' size='lg' css={circleStyle} />
        <FontAwesomeIcon
          icon='plus'
          transform='shrink-4 up-4 left-4'
          css={plusStyle}
        />
      </span>

spanをfa-layersクラスにして一番下にするものからFontAwesomeIconコンポーネントで配置します。

ReactでのFontAwesomeの使い方はこちらから。

Hasura + Auth0 に関するメモ

Hasuraでカラムを増やす場合の注意

Hasura側でカラムを増やした場合、HasuraのGraphiQLからはGraphQLリクエストが正しく実行できるが、Permissionの設定をしないとフロント側からGraphQLリクエストしても当該カラムが存在しないことになって表示されない。

Auth0のAllowed Web Originsのドメインの末尾の/(スラッシュ)を消す

Auth0のAllowed Web Originsのドメイン名の末尾に/がついていると、レスポンスが異常に遅くなる

リアルタイムに変更を受け取る場合はqueryではなくsubscription

チャットなど変更のリアルタイム監視をする場合はWebSocketLinkとsubscriptionを使う。

Invariant Violation: Must contain a query definition エラーの対策

subscritpionしているものをmutationする際にキャッシュ操作をすると出る。そもそもキャッシュ操作をしなくても良さそう?

Routeが効かない場合の対策

Routeの設定で /callbackと / に対して明示的にコンポーネントを指定する。

文字列をinsertする際に GraphQL error: invalid input syntax for integer エラーが出る場合

insert先のカラムと送信している値の型が違うとこのエラーが出る。

私の場合、あるテーブルのidがINT型 owner_idがTEXT型のときに、誤ってidとauth0のText型 のidを照合していたため出ました。

管理画面からinsertできるのにフロントエンドからできない場合

hasura側のDATAのPermissionでInsertの権限を確認する

URLを/hoge/:idなどにした場合にRouteがうまく機能しない場合

matchの値が取得できない時は、withRouterが遷移先のページに設定されているかを確認する。

Error: GraphQL error: Check constraint violation. insert check constraint failed エラーの対策

フロントエンド側だけでエラーが発生する場合、だいたいhasura側のDATAのPermissionに問題がある場合が多いです。

create-react-appで作ったプロジェクトをビルド後サブディレクトリに公開したい場合の設定

package.jsonにhomepageオプションを追加します。/sub-directory/となっているところを任意のディレクトリ名にすればOKです。

・・・"private": true,
  "homepage": "/sub-directory/",
  "dependencies": {・・・

emotionでplaceholderのスタイルを変更する

&::placeholoderでplaceholderのスタイルを指定できます。

const inputStyle = css`
&::placeholder{
font-family: serif;
}`

Reactでビルドした際にManifest: Line: 1, column: 1, Unexpected token.エラーが出る対策

publicディレクトリのindex.html中の以下の場所にcrossoriginの設定を追加すると出なくなりました。

<link rel="manifest" crossorigin="use-credentials" href="%PUBLIC_URL%/manifest.json" />

Emotionでエラーが出る場合に確認すべき点

CSS-in-JSのライブラリEmotionでエラーが出る場合に確認すべき点をメモしておきます

冒頭のコメントがない

/** @jsx jsx */ を忘れていませんか?

jsxコンポーネントの明示的配置

creat-react-appでEmotionとTypeScriptを後から導入した場合にエラー( jsx is not defined )が出る場合があります。

jsx; を各種importの下に追加して明示的に配置することで解決する場合があります。

詳細はこちらの記事にも書いています

React + Emotion + TypeScriptでReferenceError: jsx is not definedのエラーが出る場合の対策

create-react-appで作ったReactのプロジェクトにCSS-in-JSのライブラリEmotionTypeScriptを導入した際にエラーが出る場合の対策方法です。

続きを読む

Reactで画像を表示する方法

React(create-react-app)で画像を表示する方法をメモしておきます。
まず、使いたい画像の画像のパスを指定してimportして {モジュール名}を使ってimportした名前で呼び出します。具体的には以下のような形です。

import Icon from './images/icon.svg'
const IconComponent = () =>{
  return <img src={Icon}  alt="アイコン" />
}
export default IconComponent

SVGがうまく表示されない場合、SVGファイルをテキストエディタで開いてimg/pngになっている部分をimage/pngにすると表示されます。