emotionでplaceholderのスタイルを変更する

&::placeholoderでplaceholderのスタイルを指定できます。

const inputStyle = css`
&::placeholder{
font-family: serif;
}`

opensslでエラーが出てpemファイルが作れない場合

openssl rsa -in ~/.ssh/id_rsa -outform pem > id_rsa.pem

上記コマンドでPEMファイルを作ろうとすると以下のようなエラーが出る場合があります。

unable to load Private Key
4596061804:error:0906D06C:PEM routines:PEM_read_bio:no start line:pem_lib.c:697:Expecting: ANY PRIVATE KEY

以下の通りsudoをつけて実行するとうまくいきました。

sudo openssl rsa -in ~/.ssh/id_rsa -outform pem > id_rsa.pem

Reactでビルドした際にManifest: Line: 1, column: 1, Unexpected token.エラーが出る対策

publicディレクトリのindex.html中の以下の場所にcrossoriginの設定を追加すると出なくなりました。

<link rel="manifest" crossorigin="use-credentials" href="%PUBLIC_URL%/manifest.json" />

Emotionでエラーが出る場合に確認すべき点

CSS-in-JSのライブラリEmotionでエラーが出る場合に確認すべき点をメモしておきます

冒頭のコメントがない

/** @jsx jsx */ を忘れていませんか?

jsxコンポーネントの明示的配置

creat-react-appでEmotionとTypeScriptを後から導入した場合にエラー( jsx is not defined )が出る場合があります。

jsx; を各種importの下に追加して明示的に配置することで解決する場合があります。

詳細はこちらの記事にも書いています

React + Emotion + TypeScriptでReferenceError: jsx is not definedのエラーが出る場合の対策

create-react-appで作ったReactのプロジェクトにCSS-in-JSのライブラリEmotionTypeScriptを導入した際にエラーが出る場合の対策方法です。

続きを読む

DockerでWordPressを動かす

docker-compose up -d

でコンテナを起動

/wp-json/wp/v2/postsにアクセスするとエラーが出てREST APIが使えない場合はWordPressのパーマリンクの設定を
http://localhost:3000/sample-post/

となるようにする。

Reactで画像を表示する方法

Reactで画像を表示する方法をメモしておきます。
まず、使いたい画像の画像のパスを指定してimportして {モジュール名}を使ってimportした名前で呼び出します。具体的には以下のような形です。

import Icon from './images/icon.svg'
const IconComponent = () =>{
  return <img src={Icon}  alt="アイコン" />
}
export default IconComponent

SVGがうまく表示されない場合、SVGファイルをテキストエディタで開いてimg/pngになっている部分をimage/pngにすると表示されます。

MacOS MojaveでGitが動かない場合の対策

MacOSをMojaveにアップデートした後ターミナル上でGitが動かなくなりました。具体的には以下のようなエラーが出ました。

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun
続きを読む

【Visual Studio Code】コードフォーマッタ Prettierを使う方法

Pretterで何ができるか?

コードのインデントや改行、セミコロンの有無などのフォーマットをファイル保存時に自動で行います。問題があるコードではエラー表示をしてくれます。

エラー時の表示
続きを読む

ES6 アローファンクションの書き方

JavaScript (ECMAScript 6) ES6のアローファンクションの書き方をメモしておきます。

const func = x => {
 return x*2
}
console.log(func(4))

実行結果:8

引数 => { ファンクションの中身 } という書き方です。

const func2 = (x,n) => {
  return x * n + 1
}
console.log(func2(2,4))

実行結果:9

引数が複数ある場合はカッコで括ります。
codepenでconsoleを表示すると実行結果を確認できます