MacBook Air 2011 MidにYosemite(Mac OS X 10.10)をインストールする


MacBook Air 2011にYosemiteを入れたのでメモしておきます。

インストール時間

Homebrewを入れているとインストール時間が異常に長くなるようです。

B0cM4bOCUAEtuwe

この画面のまま数十分そのままでした。プログレスバーが進むものトータルで2時間くらいかかったように思います。
回避方法もあるようなので、きになる人は事前にチェックした方が良いでしょう。

ちなみに、買ったばかりの2014 MidのMacBook Proは10数分でアップデートできました。

使えない機能

AirDropなどのYosemiteで話題の機能は使えません。

Bluetoothの情報

Bluetooth 4.0に対応し、機能サポートされているMacは以下の通りです。

Mac Pro (Late 2013)以降
iMac (Late 2012)以降
Mac mini (Mid 2012)以降
MacBook Pro (Mid 2012)以降
MacBook Air (Mid 2012)以降

OS X Yosemite:iOS 8デバイスとの、Instant Hotspot、Handoff、AirDropは、Bluetooth 4.0(BLE)仕様のMacでのみ利用可能 :MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

上記記事によると、そういうことらしいです。

安定性

体感速度が著しく落ちるという感じはありません。
ただ、iPhotoで画面遷移するときに一瞬グリッチすることがあります。
Mavericksの時は気付いたらAdobeのCS6のアプリがフリーズすることがよくありましたが、今のところありません。

半日使ったあとのメモリの状態は以下の通りです。
Yosemiteメモリ使用量

Yosemiteをインストールすべきか?

すでにMavericksにしている人は、普段よく使うソフトの動作確認ができていればアップデートした方がいいと思います。
Mavericksにまだあげていない人はそのままの方がおそらく速いと思います。Mavericksにするとパフォーマンスがやや下がります。

atnr.net の RSS登録はこちらから