Processingで作ったアニメーションのキャプチャーをPDF出力する方法


Processingで作ったアニメーションをスクリーンショットのようにPDF形式で保存する方法です。

最初、PDF Exportを読んだのですが、うまく行かず、もうちょっと調べて出てきたこちらの記事を読むとうまく行きました。

以下のコードを追加すればOKです。

まず、最初にセーブを行ったかどうかを判定するフラグを宣言しておきます。

boolean dosave=false;

void draw()の中にdosaveのフラグが立ったときの動作を追加します。

if(dosave) {
 // set up PGraphicsPDF for use with beginRaw()
 PGraphicsPDF pdf = (PGraphicsPDF)beginRaw(PDF, "pdf_complex_out.pdf");
// set default Illustrator stroke styles and paint background rect.
 pdf.strokeJoin(MITER);
 pdf.strokeCap(SQUARE);
 pdf.fill(0);
 pdf.noStroke();
 pdf.rect(0,0, width,height);
}

void draw()の末尾に以下のコードを追加します。PDFを書き出し完了して、書き込みフラグをリセットするコードです。

if(dosave) {
 endRaw();
 dosave=false;
}

sキーを押したときにPDF出力させる場合はvoid keyPressed()のなかに以下の構文を書いておきます。

sキーを押したときにPDFに保存するフラグが立ちます。

void keyPressed() {
 if (key == 's') {
 dosave=true;
 }
}

以上のコードを組み込むだけで簡単にアニメーションのキャプチャーをPDFで出力することが出来ます。自分はOPENGLのスケッチで実行しましたがうまく行きました。

atnr.net の RSS登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*