KORG SQ-1は安くて便利なアナログシーケンサー


KORG SQ-1 Overview

価格が約6倍するDark Timeより便利

KORG SQ−1ではシーケンスをランダムに動かしたり、8ステップ2系統でCVを出力したり、Dark Timeでできることほぼできると言えます。
むしろ、MS-20で採用されているHz/V形式のCV用に8V(Hz/V)が出力できたり、クオンタイザーでリニア、マイナー、メジャー、クロマチックで選べるのでSQ-1の方が便利かもしれません。

ただ、SQ-1にはDark Timeにある、Click IN/OUT、Reset IN/OUT、Start IN/OUTはありません。

筐体も、Dark Timeよりコンパクトです。
Doeper Dark Time and KORG SQ-1

DoepferのDark Timeが実売6〜7万円程度、16ステップ×2系統のMFBのUrzwergeが380ユーロなので、ものすごいコストパフォーマンスなんじゃないかと思います。

MS-20での動作も全く問題なし

MS-20実機(前期モデル)を持っているので、接続してシーケンスを走らせてみましたが全く問題ありませんでした。

MS-20 & SQ-1 #korg

@atnrが投稿した動画 –

MS-20との接続方法

SQ-1のCV OUTとMS-20のVCO1+2 CV INを接続して、
SQ-1のGATE OUTと MS-20のTRIG INに接続すればOKです。

KORG MS-20

モジュラーシンセに接続する際も同じ要領でCVのIN/OUTとGATEのIN/OUTを接続すればOKです。

他のアナログシーケンサーと同期させる場合

SQ-1をマスターにする場合
SQ-1のSYNC OUTとスレーブ側のアナログシーケンサーのClock inを接続する
SQ-1をスレーブにする場合
SQ-1のSYNC INとマスターとなるアナログシーケンサーのClock out/クロックソースを接続する

Tiptop AudioのTrigger Riotと接続してみましたが、テンポを同期することができました。

#モジュラーシンセ #ユーロラック #modularsynth #eurorack #makenoise #doepfer #mutableinstruments #synth #synthesizer #techno #house #minimal

@atnrが投稿した動画 –

上の動画では、Trigger Riotをマスターにしてテンポを同期させています。
KORGのガジェットはもちろんのこと、モジュラーシンセとの連携もバッチリです。

他機器と連携する際の問題点

SQ-1をマスターにした時、SQ-1を停止させてもスレーブ側のアナログシーケンサーが止まらないようでした。
スタートは同期するのですが。(ちなみに、SQ-1がスレーブの際はマスターの停止に同期しました。)

SQ-1をマスターにした際、余っているGATE OUTから、スレーブ機材へクリックを送ると再生・停止することができました。
ただし、SQ-1を停止するとステップが1に戻ります。

この問題に関して何か、良い解決方法があれば教えて下さい!

その他、モジュラーシンセの各モジュール機能や信号の種類、その他Tipsについて知りたい方はこちらをご覧ください。

atnr.net の RSS登録はこちらから