Elektron DigitaktのCONDITIONを設定する方法

Pocket

ElektronのDigitaktを早速買ってしまったのですが、FILLモードの時にだけ音を鳴らす、鳴らさないなどの条件を設定できるCONDITIONというパラメータのセッティングにちょっとつまづいたのでやり方をメモしておきます。

Digitakt Condition

このあたりの丁寧な説明は買った時に付属しているマニュアルにはあまり詳しく書いてありません。こちらにアップされているマニュアルには書いてあります。

サンプラー部のトラックを選択してTRIGボタンを押すとKnob Dの部分にCONDと表示されるのですが、ここでノブを回しても特に値は変わらず値を変更できません。

CONDの値はステップレコーディングモードでONになっている拍で設定できます。トリガーキーを押したままKnob Dを回すと様々な条件を設定できます。

ちなみにFILLモードを有効にするにはFILLボタンを押せばOKです。押しっぱなしの時はFILLがずっと有効になります。

マニュアルに記載の条件設定について参考までに日本語訳しておきます。

FILL FILLモードがオンになっている時だけ有効
FILL FILLモードがオフの時だけ有効
PRE 同じトラックの直前のノートの条件が有効のときに有効
PRE PREでないときに有効
NEI 近傍トラックで条件設定されたノートがONになっている場合有効。近傍のトラックは現在エディットしているトラックの前のトラックのこと。例えば、トラック4でNEIを設定した場合トラック3にCONDITIONを設定してなければ条件を満たさず音が鳴らない。
NEI NEIではないときにトリガーされる。
1ST ループの一週目の時だけトリガーされる
1ST ループの一週目でない時だけトリガーされる
X% トリガーされる確率を条件にできる。X%の確率でトリガーされる。
A:B Aにはトリガー条件が有効になるまで何回再生されるかを設定し、Bにはカウントがリセットしてまた再生される前に何回再生されるか設定される。これは設定すると無限に繰り返される。例えば、2:4に設定すると2回パターンが再生されるとトリガーされ、続いて6回目と10回目…とトリガーされる。3:5に設定すると3回目にトリガーされ、つぎは8回目と13回目…とトリガーされる。
atnr.net の RSS登録はこちらから